FC2ブログ


 久々にハマったゲーム♪ 

2016年08月30日 -20:48:42-


Collar X Maliceは声優に森田成一さんと梶裕貴さんが参加しているっていう理由で購入を決めたんだけど、面白すぎる!!!

本当に久しぶりに夢中になれたゲームです。(⌒∇⌒)

何が面白いって、謎解きっていうのかな、推理していくのが難しすぎなくて楽しい。そして勿論乙女ゲーなんだから恋愛要素も入ってくる。
一人目から最後の森田さんキャラまでに事件の全容が解き明かされていくっていうのも引き込まれる要素なのかも。
今、じっくり2周目をプレイ中なんだけど、とにかく飽きない。
飽きっぽい私がのめり込んだんだから、私的には大当たりのゲームだったんだと思う。
だから、私のサイトに遊びに来てくださる方ならおススメできるゲームだと思います。よかったら是非!!!


※「Collar×Malice」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。
 

 停電!? いえいえもっと深刻でした(・_・;) 

2015年01月11日 -08:11:16-
遅くなりましたが、

 あけましておめでとうございます。
   本年も、どうぞよろしくお願いいたします


年賀状には句読点を使ってはいけないらしいけれど、ココはブログなのでOKということにしてくださいませ。


本日、朝の6時頃、突然我が家の電気のブレーカーが落ちました。
すぐに復旧するだろうと思われたそれが、何故かブレーカーが上がらず。。。電気科を出ている夫と長男がアレヤコレヤと調べた結果、「ブレーカーの経年劣化かもしれない」という結論に至り・・・・・・

我が家のテーブルには夫が点けたランタンの灯がこうこうと照る事になりました(T_T)


久々に音のない世界を体験し、子供の頃によく停電していたことを思い出したりして、ちょっと懐かしく静かな時間を過ごしていました。
でもでも、じきにに電気の無い生活というものの不便さを感じるようになりました。
息子はネットが繋がらないと何も出来ない(大学院の情報科所属)と肩を落とし、私も音のない世界に不安を感じてしまうという為体。(っても、今年就活の息子の場合は深刻ではありましたが/汗)

息子がスマホからいろいろと調べて、どうにか電気が復旧したのが1時間後のこと。
短い時間でしたが、停電中は長く感じてしまったという、文明の利器に浸りきっていた自分の不甲斐なさを感じた1時間でした。


ちなみに、ブレーカーが劣化によってダメになってしまった場合は電気会社に連絡しなくてはいけません。
自分で直すにしても、電気会社指定の電気屋さんで部品を買って直すのだそうです。
多分、近い将来にそうなるのだろうなと思いつつ、今回はどうにか直ったことで不安が先延ばしになったとも感じる雪詠なのでした。m(_ _)m



↑ランキング参加中。ぽちっと応援してください☆

 はやぶさ2、飛んだね^^ 

2014年12月04日 -01:50:48-
今年を逃すと次に打ち上げられるのは、軌道の関係で2024年になってしまうとか。
今年の打ち上げ可能時間はあと数日。
上手く打ち上がるといいな~~なんて思いながら、100周年の時に話したJAXAのお兄さん(失礼)元気かな? なんてことも考えながらテレビで中継を観ていました。

無事に飛んだ時には、やっぱり感動でした。


4年前に文科省からの招待で全国の職業高校の発表会(?)にウチの学校が神奈川県代表(工業高校としては全国の代表だったかも)で参加した時、たしか「はやぶさ」の模型があったような気がする。。。ので、写真があったらUPしようと思っていたのに、あの大量に撮影した画像は全部PTAのPCに移してしまってらしく、手元に残っていませんでした。

当時の記念撮影した写真は学校のHPと広報紙に載っていたと思いますので、来年の文化祭で広報が今までの広報紙を展示していたら見て下さいませ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここまで、リアルの知人の一部にしか分からない内容ですみません。



↑ランキング参加中。ぽちっと応援してください☆

 個人情報の流出ってコワイけれど・・・ 

2014年07月22日 -21:53:28-
ウィキペディアによると、個人情報保護法とは
個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的とする(第1条)。
ということが基本理念にある。

・・・・って、別に難しいことを言いたいのではなくて、ベネッセでの情報流出があったことで思い出したことがあったので覚書(?/笑)

私が中学1年生の6月か7月頃、受講していた進研ゼミ(当時は福武書店)から届いた教材の中に混じっていた一枚の書面。

あなたの学校の名簿を貸してください。
謝礼は図書券三千円分を進呈。


当時は全生徒の住所録が配布されていて、その配布が5月中旬から6月初旬だったのだから、配布された時期を狙っていたのは容易に理解できる。
自分は父の実家が商家であったので、個人情報の取り扱いには慎重であったという背景があって当然のことながらそんな書面は不快感と共に無視した。
が、
同級生の中には三千円の図書券に釣られて名簿を送った者もあった。

セコイよねぇ・・・(==;
住所録を貸せなんて言ってきたのは、後にも先にも福武書店だけだったよ(^_^;)
父や父の実家は
「非常識だ」
って渋い顔をしていたのを覚えている。

そんな福武書店(現ベネッセ)が、個人情報の管理に失敗していたっていうのも皮肉を通り越して笑ってしまったのは私の性格が悪いからだけでは無いと思う(^_^;)
大体、個人情報の管理を他社に任せるってどういうことなんだろう?
グループ会社が管理するっていうところまでは百歩譲って理解できるとする。
でも、そのグループ会社からベネッセに関係無い他社の、派遣社員に任せるっていう事実が理解できない。

ベネッセの社長は
「社員だとか派遣だとかに関わらず、仕事に対する責任は平等に生じるものである」
なんて言っていたけれど、これは世間の実情を理解していない(理解する気もない)人間の戯言だ。
・正社員になれない実情
・派遣社員にもなれない現実
・アルバイトの給料の低さ
そんな実態には興味も無いのだろう。

今回、個人情報を売った人は派遣社員だったけれど、派遣だって賃金は低いし契約期間もある。そして不満を持とうものなら契約を切られてしまう恐怖もある。
己の地位が安定していないというストレスが、いつどんな方向に向かって行ってしまうのか、本人にだって分からない。
切羽詰まった人間の採る行動の恐ろしさは計り知れない。



話が逸れた~~~~
ってことで閑話休題。

結局、情報の保護に対する意識の問題なんだよね。
今回は顧客情報の管理を他人任せにしていたことが最大の問題であって、この社長だって自分たちの給与情報や査定情報を他人(他社)に任せようとはしないと思う。ってことは、顧客情報を軽んじていたってことなんだよね。
そういう意識を改めない限り、情報漏洩はまた起こると思う。
ベネッセは今後、情報漏洩をどうやって防ぐかを公表していない。金銭的補償のことだけを公表して、一番大事な「漏洩防止策」は会見でも言わなかった。

後は、受講者(顧客)の判断次第ってことで。。。。。。


ウチの息子も以前、受講していたけれど、情報漏洩の中に入っているのかなぁ・・・?((((;゚Д゚))))


↑ランキング参加中。ぽちっと応援してください☆


◆Continue ・・


 納豆は何回混ぜれば一番おいしくなるの?(ヤフーニュースより) 

2014年06月09日 -02:00:16-
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140607-00000009-it_nlab-sci
以下、ヤフーニュースより

納豆は何回混ぜれば一番おいしくなるの?

ねとらぼ 6月7日(土)17時10分配信
納豆は何回混ぜれば一番おいしくなるの?

画像:ITmedia

 かの北大路魯山人は言いました。納豆は混ぜれば混ぜるほどおいしくなると。一説には424回がベストとも言われています。果たして本当にそうなのでしょうか……?

【うま味の変化を表したグラフ】

 納豆はどれだけ混ぜれば一番おいしくなるのか――実際に人力で混ぜて検証してみました(たれは入れずに素のままで混ぜています)。

・0回:まずは混ぜないままで食べてみます。あまり味はしません

・20回:普通はだいたいこのくらい混ぜますよね。粘りが出て納豆らしくなりましたが、味はそんなに変わらないような

・100回:粘り気が増えて口当たりがまろやかになってきました。風味が増したような気も

・200回:粘りが強くなって混ぜるのがつらくなってきました。ちょっと甘味が増して味わい深くなった感じがします

・400回:回数を数えるのが地味にキツい……豆に甘味が出て、泡にも味わいが出てきました。

 これ以降、混ぜても味の変化が感じられなくなり、ついに1000回……腕は限界になり、豆はかなり柔らかい状態に。

 実際に混ぜてみた結果、400回を超えると豆が崩れるだけで味はそれほど変わらないという印象。この変化を目に見える形で表すために、味覚センサーで測定してみました。

 測定結果を見る前にちょっと説明を。食べ物の味はすべて「甘味」「うま味」「苦味」「塩味」「酸味」の5つの組み合わせでできており、味覚センサーではそれぞれの味を測定します。この中でも納豆のおいしさを決めるポイントは「うま味」。グルタミン酸やイノシン酸ナトリウムなどで感じられる味覚……いわゆるうま味調味料に入っているもので、一番分かりやすいのは「だし」の味です。かき混ぜた納豆にうま味成分がどれくらい含まれるのかを測りました。

 グラフで見れば分かるように、400回以上はうま味の増加は見られません。やはり一番おいしくなるのは400回ということでファイナルアンサーのようです。ただし、「95%の人が味の違いを認識できる」レベルの差が出るのは200回まで。そこから先は味覚の鋭い人なら分かるくらいの違いとなっています。ほどほどで……という方は、200回で手を打つのもいいかもしれません。

 ちなみに400回というと、大体2分を目安に一生懸命かき混ぜるとそのくらいです。「2分か~。なかなか手が疲れるな~」と思ったそこのあなた、魯山人先生はこうも言っています。「不精をしないで、また手間を惜しまず、極力ねりかえすべきである」(「魯山人味道」より)

 混ぜて混ぜておいしくなった納豆を召し上がってくださいね。

おまけ:納豆道を追求する皆さまのために

 「納豆は少し時間を置いた方がおいしくなるってほんと?」「タレを入れてから混ぜるのがいいの? 混ぜてから入れるといいの?」という疑問にもお答えしておきましょう。

 混ぜた後でタレを入れるほうがうま味が多いという結果です(95%の人が違いを認識できる有意な差がついています)。後入れの方がタレのうま味が強く感じられるわけですね。混ぜてから放置することにはあまり意味がないようです。

 最も納豆をおいしく食べるには、400回混ぜてからタレを入れ、すぐに食べること。納豆道を追求する方は実践してみてください。

●筆者「味博士」紹介

鈴木 隆一:AISSY株式会社代表取締役社長、慶應義塾大学共同研究員(兼務)。慶應義塾大学理工学部卒業、同大大学院理工学研究科修士課程修了。大学在学中よりシステム開発の受託などを行いながらSFC研究所研究員も兼務。大学院修了後、慶応義塾大学から出資を得てAISSY株式会社を設立。
味覚や食べ合わせの研究を行い、メディアにも多数出演。通称「味博士」。
最新著書として、『日本人の味覚は世界一』(廣済堂新書)、他にも『味博士のぜったい太らない食べ方』(日本文芸社)『「味覚力」を鍛えれば病気にならない』(講談社)がある。

copyright © 2005-2014 待雪草 all rights reserved.
Powered by FC2 Blog
Template:yukiei

動作確認・閲覧推奨環境:GC+FF/WinXP/1024x768↑
safariとかMacでの閲覧では不具合あるかもm(_ _)m

FC2Ad